ネットで稼ぐための節約思考

2012 7月 29 習慣化する , 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by camurio

 

今日も当サイトへお越しいただきまして

ありがとうございます(^^)

 

 

ネットで稼ぐ人を全力で応援する

かむりおです。

 

 

さて

ほとんどの方は節約しながら生活してますよね。

 

 

例えば、買い物をするのに

遠くの安いスーパーに行く。

 

 

近くの店にも同じ商品があるわけですが

こちらはちょっと高い。

 

 

車で移動すると

ガソリン代がかかります、

自転車で移動しましょう。

 

 

自転車で30分、

買い物時間含めて

往復で1時間15分。

 

節約出来たのは500円としましょう。

 

 

近くの店は

自転車2分、

買い物時間含めて往復で15分。

 

 

他の設定は無視して、

上記の条件だけで考えてみましょう。

 

 

今のあなたは

遠くの安いスーパーAか

近くの高いスーパーBか

どちらを選びますか?

 

 

整理しましょう。

スーパーAに行くと  1時間余計に消費し  500円得する。

スーパーBに行くと  1時間が余るが     500円損する。

 

 

どちらを選ぶでしょうか?

 

 

経済観念の違い

節約の考え方の違いなどは

人それぞれいろいろあると思います。

 

 

 

今皆さんは

日々ネットで稼ごうとしています。

 

 

自分の時給を計算してみたら

いかかでしょう。

 

 

全く稼げてない人は時給0円です。

 

 

そういう人は1時間を使ってでも

500円得する道を選ぶかもしれません。

 

 

時給500円の効果ですからね。

 

 

しかし

時給0円の人も

決して遠いスーパーを選んでは行けないのです。

 

 

言いたいのは「お金で時間を買うべきだ」という話ではありません

 

もちろん、時間を買うというのは

稼げば稼ぐほど重要なになる考えです。

 

でも、その前にちょっと待って下さい!

 

 

ネットで

本当に1時間使っても500円稼げないのでしょうか???

 

 

ここを考えて欲しいのです。

 

 

私の答えはこうです。私は時給0円だとします。

 

 

近いスーパーBを選んでいったん500円損しますが

空いた1時間で帰宅後に

ネットで500円以上稼げるよう取り組む・・・・です。

 

 

仮に1時間で500円どころでなく1000円稼いだとしたら、

 

 

遠いスーパーAを選んで500円得して帰ってくる人より

同じ時間で更に500円稼いでることになりますね。

 

 

じゃあ

何に取り組むんだよ~と言う方

何でもいいんですよ、

自分が今できる事なら。

 

 

私がこのブログで

紹介したセルフバックはどうでしょうか?

 

 

過去記事

自己アフィリ(セルフバック)で初心者でも簡単にお金を稼ぐ方法①

まだご覧になっていない方はどうぞ。

 

 

時給0円の方でセルフバックを

試されて無い方いらっしゃいますか??

 

 

作業時間を考えれば

セルフバックで

時給1000円を超えることは容易です。

 

 

近いスーパーBを選んでも

あとの一時間を有効に使えなければ

決して正解とは言えないんです。

 

 

節約するのこと自体決して悪いことではないですが、

空いた1時間でも

ネットで稼ごうと思えば、

人は稼げるということです。

 

この場合の違いは

「稼ごうと思うか思わないか」

「やるかやらないか」

の差だけです。

 

 

もし時給0円の方で「たった1000円かよ」

と思ってやらないなら、

この先稼ぐことは難しいと言わざるを得ません。

 

 

消費を抑えることも重要ですが

それ以上に、

与えられた環境の中で

利益を生もうとする思考」が必要です。

 

 

この稼ぐ考え方というのが出来ると

あなたはどんどん自己投資ができるようになります。

 

 

たとえ先に損をしても、

その損を使って得をするよう努力出来るからです。

 

 

自己投資が出来れば

ネットでの稼ぎは加速します。

 

 

ネットには無限の可能性があると言われていますが

活かすも殺すも自分次第という事ですね。

 

人気ブログランキングへ

 

 

ブログランキング

この記事を読んだ人は、下記の記事も合わせて読んでいます

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。