スケジュール管理の方法(リマインダー機能)

目標が決まったら

パソコンで作業開始する前に

ちょっと待ってください。

 

 

やるべきことをサクサク進めたり

漏れがないように進めるためには

スケジュール管理は必須ですね。

 

これが出来ずに効率良く稼ぐのは

難しいでしょう。

 

仕事してる方なら、

スケジュール管理やってるよ~と言う方

多いかもしれませんね。

 

ご自分でスケジュール管理をしてる方、

やることの漏れやミスはございませんか。

「しまった・・・」では後の祭り。
リマインダーのメリットとは
やるべきことを漏れなく確実にこなすための

「リマインダー(お知らせ)機能」って知っていますか?

 

リマインダーとは「思いださせるもの」です。

 

リマインダーのメリット

 

①うっかり忘れがなくなる

 

予定時刻になるとメールや画面へのポップアップで知らせてくれるので

忘れないし、今やるべきことに集中出来る。

 

②各端末で使用可能

 

自分が使ってるパソコンはもちろん

携帯、スマホにもお知らせが届くので

漏れがない。

もちろん外出中でもOK。

初心者の方にも優しい簡単な方法です。

 

③無料で利用可能

 

もう利用しない理由はありません。

 

ここでは非常に便利で使いやすい
Googleカレンダーのリマインダー機能を紹介します。

 

Googleカレンダーのメイン画面です

 

 

 

 

 

 

 

 

Googleカレンダーのリマインダー使用法

 

 

①まずは Googleカレンダーからアカウント登録。

自分のGメールアドレス、パスワードを入力。

 

②下の画面から左上の「作成」をクリック。

Googleカレンダーのメイン画面です

 

 

 

③ 下の予定入力画面から、「タイトル」、時間、場所(任意)、説明(任意)などを入力。

1 通知の欄で、手段と時間を設定。

不要なら「✕」で消したり、

増やしたいなら「通知を追加する」で追加可能。

2 上の方にある赤い保存ボタンで、登録 になります。

Googleカレンダーの予定入力画面です

 

 

 

④携帯メールへの通知設定法 

(携帯メールへの通知が必要な方のみ、以下作業して下さい)

1 下の画面 マイカレンダー右の▼ボタンをクリック

(もしくは同じ画面の右上の歯車のマーク右の▼でもOK)

 

2  「設定」をクリックし、「モバイルの設定」をクリック。

モバイル設定画面への移行です

 

 

 

 

 

⑤モバイルの設定画面より以下を入力

1 国名選択

2 ユーザー名    = 携帯メールアドレスの@より左側の部分を入力

3 メールのドメイン  = 携帯メールアドレスの@より右側の部分を選択

4 確認コードを送信を クリック

※ 確認コードがメールで届かない場合  (数秒で届く) ⇒ Googleからメールが届くよう、携帯の受信設定が必要

5 携帯に届いたメールの確認コードを入力し 設定終了をクリック

モバイル設定画面です

 

 

 

⑤ すると自動的に下の画面に移行しますが、

通知のデフォルト設定です。

必要あがれば、入力後、左上の「保存」をクリック

何も設定がなければ カレンンダーに戻るをクリック。

モバイル設定後の画面です

 

 

 

⑥ これで携帯メールに通知可能となりました。

作成画面から、

通知 の欄で「モバイル」設定可能となりました。

 

 

お疲れ様でした。

以上、Googleカレンダーの

リマインダー(お知らせ通知)の設定方法でした。

 

このリマインダー機能を有効に活用することで、

タスクのもれや、約束時間の忘れなどを防げます。

 

パソコン、スマホ、携帯で

効率良く稼ぐための必須アイテムですので

どしどし活用して、サクサク作業を進めていきましょう。

 

特に「自分は初心者だから・・・」

と思ってる方に使っていただければ、

便利さを実感してもらえると思います。

 

 

もし、ご不明な点、わかりづらい点などあれば、何でもお問い合わせ下さい。

このサイトの右下 ⇒ プロフィール ⇒ 無料相談はこちら からお待ちしていま~す。

 

 

この記事を読んだ人は、下記の記事も合わせて読んでいます

«  スケジュール管理の方法(リマインダー機能)  »

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。